title.gif

教育訓練給付金制度を使おう!/派遣社員のためのスキルアップ

教育訓練給付金制度を使おう!/派遣社員のためのスキルアップ


教育訓練給付金制度を使おう!/教育訓練給付金制度を使おう!

教育給付金制度って?


きっと、皆さん今までに目にしたり耳にしたりしたことがあると思います。
しかし、自分には関係ないや、なんて思ってた方もいらっしゃるのでは?

英会話スクールに通いたい、ケアマネージャーの資格をとりたい、と気持ちはあっても、
行動に移せない理由が、お金の問題だったりしますよね…

そのお悩みを解決してくれるありがたい制度が、教育訓練給付金制度なのです!!


教育訓練給付金制度とは…

厚生労働大臣の指定した教育訓練講座(資格スクールの講座)を受講すると、
受講料の一定額がハローワークから支給される制度のこと。


受給対象者としての制限

①雇用保険の一般被保険者で雇用保険加入期間が3年以上であること。

②雇用保険の一般被保険者であった方で雇用保険加入期間が3年以上。
離職してから1年以内の受講であること。(※例外あり)

上記のいずれかに当てはまる方、この制度を利用することをお勧めします。

給付率について

・雇用保険加入期間3~5年未満
     →給付率:2割(最大10万円)
・雇用保険加入期間5年以上
     →給付率:4割(最大20万円)

給付金額は、雇用保険の加入期間によって異なり、3~5年の人は2割、
5年以上は4割支給され、今まで働いてきたご褒美がもらえるのです。


注意しなければいけないこと


仮にあなたが受講するとして、最初に受講料を支払わなければならないので、
まとまったお金を用意しなければなりません。

この制度を申請するのは講座終了後1ヶ月以内で、給付金が支給されるのは、
講座終了後
だからです。
※そのため、領収書はきちんと保管しておきましょうね。


また、給付金をきちんと受け取るには、スクールを利用する場合、80%の出席率が必要で、
通信講座なら総添削回数の80%を添削していないといけません。

資格取得するなら、当たり前のことですよね。

詳しい申請手続きや、この制度を利用したいと思っている方は、
厚生労働省を参考にしてください。

ちょっとここで小話

教育訓練給付金制度は2003年6月に一部変更があり、 かつては給付率が8割もあったのです!! 給付率と上限額の引下げは、雇用保険の財政面の悪化が原因のようです。


雇用保険を月々納めている方にとっては、「え~っ!しっかりしろよ、国!」
と叫びたくなっちゃいますが、デメリットもあればメリットも!
実は5年だった雇用保険加入年数の要件が、3年に緩和されたのです。
それにしても、8割はすごい大きいなぁ・・・と思ってしまうのでした!

そろそろスキルアップをお考えの方、このお得な制度を有効活用して下さい!

教育訓練給付金制度を使おう!